「ひまりの軍事ちゃんねる」が当ブログ記事を「無断引用・盗用」その1「そうりゅう型潜水艦」

youtubeの「ひまりの軍事ちゃんねる」が当ブログ記事を「無断引用・盗用」しています。著作権違反を主張しましたが、全く認めないので、当ブログで公開します。

当ブログの「そうりゅう型潜水艦」の記事

キロ級潜水艦など世界の多くの潜水艦は水深300mしか潜れないし、対潜水艦ミサイル(アスロック)も水深300~400mしか届かない。

ひまりの軍事ちゃんねる

当ブログの「そうりゅう型潜水艦」の記事

また、他国の潜水艦の魚雷は水深500mより深いところでは、水圧で圧潰する

ひまりの軍事ちゃんねる

当ブログの「そうりゅう型潜水艦」の記事

そうりゅう型潜水艦は水深650m~900mまで潜航でき、そこから水深300mにいる他国潜水艦を魚雷攻撃できる。

ひまりの軍事ちゃんねる

当ブログの「そうりゅう型潜水艦」の記事

海上自衛隊そうりゅう型潜水艦(SS16)は非大気依存推進装置AIPを搭載している。これはスターリングエンジンで液体酸素と少量のディーゼル燃料でエンジンを稼動、発電し推力を得るシステムだ。

ひまりの軍事ちゃんねる

当ブログの「そうりゅう型潜水艦」の記事

従来型潜水艦の連続潜航期間は数日だったが、AIP搭載により連続潜航期間は2週間と大幅に延長された。

ひまりの軍事ちゃんねる

当ブログの「そうりゅう型潜水艦」の記事

しかし、AIP使用時の水中速度は5ノット(時速9km)と遅く、またAIP装置は巨大で乗員の居住区画が小さくなるという問題点がある。

ひまりの軍事ちゃんねる

当ブログの「そうりゅう型潜水艦」の記事

AIPの弱点を克服するため「そうりゅう型潜水艦11番艦 おうりゅう」はスターリングエンジンを廃止し、体積エネルギー密度が鉛蓄電池の4倍のリチウムイオン電池(GSユアサ・テクノロジー社製)を採用した。

(注意)この部分は公開当時は「そうりゅう型潜水艦の総蓄電量の8倍」としていた。

ひまりの軍事ちゃんねる

当ブログの「そうりゅう型潜水艦」の記事

もちろん、待ち伏せ作戦を行うこともあり、その場合1ヵ月間潜航できる。

ひまりの軍事ちゃんねる

error:Content is protected !!