NEWS24-WEB

個人ブロガーによる国際・防衛問題分析ブログ

国際情勢・防衛

韓国海軍 3,000トン級潜水艦「島山安昌浩(KSS-III)」進水

韓国海軍の3,000トン級次期潜水艦「島山安昌浩(トサン・アン・チャンホ)」(KSS-III)が2018年9月14日に韓国内の大宇造船海洋玉浦造船所で進水した。

就役は2020年頃とされる。

 

スポンサーリンク



3,000トン級潜水艦「島山安昌浩(KSS-III)」スペック

韓国(KSS-III) 214型(ドイツ) 日本(そうりゅう型)
全長 83.3m 65m 84m
全幅 9.6m 6.3m 9.1m
水中排水量 3,000トン 1,860トン 4,200トン
水中速度 20ノット(時速37km) 20ノット(時速37km) 20ノット(時速37km)
乗員 50名 27名 65名
AIP AIP搭載 AIP非搭載 AIP搭載
VSL 6基 VSL非搭載 VSL非搭載

 

韓国海軍はドイツの214型潜水艦をライセンス生産している。

今回の韓国海軍の新型3,000トン級潜水艦は214型潜水艦を拡大したようなイメージだ。

新型3,000トン級潜水艦はVSL6基(垂直発射管)を持ち、射程500kmの玄武-2B弾道ミサイルを発射できる。

 

韓国海軍の潜水艦

  • 張保皐(チャン・ボゴ)-級(209級)潜水艦 1,200トン   9隻
  • 張保皐(チャン・ボゴ)-II級(214級)潜水艦 1,800トン 9隻

 

今後の展開

韓国海軍は今後3,600トン級潜水艦、4,000トン級潜水艦を建造し、最終的に「原子力潜水艦」を建造する計画を持っている。

 

島山安昌浩

島山安昌浩(1878~1938)は19歳で独立協会に加入し、中国南京で独立運動をしたとされる。



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!