国際情勢・防衛

アメリカの対北朝鮮軍事オプション「Bloody nose 作戦」とはなにか?

2018年1月17日、テレビ朝日「報道ステーション」で、アメリカの対北朝鮮軍事オプション「BLOODY NOSE作戦」が紹介された。

スポンサーリンク


Bloody nose 作戦

Bloody nose 作戦とは、北朝鮮がミサイルを発射する寸前に、巡航ミサイルで攻撃する作戦を言う。

具体的には、原子力潜水艦、イージス艦、から巡航ミサイルを発射して北朝鮮にミサイルを破壊する。

また、米海軍強襲揚陸艦「ワスプ」に岩国基地所属のF-35Bステルス戦闘機を搭載し、北朝鮮のミサイル基地を破壊する。

ただし、全面戦争に発展する意思はなく、1度限りの攻撃となる。

 

全面戦争の可能性も

アメリカ軍の「Bloody nose 作戦」が実施された場合、北朝鮮の金正恩党委員長が反撃し、結果的に全面戦争に突入する可能性もある。

 

2年以内に全面戦争の確率は25%

英国王立防衛安全保障研究所「マルコム・チャーマーズ副所長」によると、「今後2年間に大規模な戦争が起こる確率は25%」



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!