NEWS24-WEB

個人ブロガーによる国際・防衛問題分析ブログ

国際情勢・防衛

インド ロシア製地対空ミサイル「S-400」を5,000億円で購入

2018年10月、ロシアのプーチン大統領はインドを訪問し、ロシア製最新鋭地対空ミサイル「S-400」5基を50億ドル(約5,600億円)でインドに売却する契約を締結した。

スポンサーリンク


ロシア製「S-400」地対空ミサイル 仕様

名称 S-400(Triumf トリウームウ 大勝利)
射程 250km~400km(対航空機) 60km(対弾道ミサイル)
最大高度 27km
レーダー範囲 600km

S-400は、400km先の6つの目標を同時に攻撃できる。また、ステルス戦闘機や弾道ミサイルも撃墜できるという。

但し、短距離用「48N6」の射程は250kmで、長距離用「40N6」の射程は400kmとされる。

インドが購入するのは長距離用「40N6」と思われる。

「S-400」1基は、「8機の発射機」「32発のミサイル」「移動式司令ユニット」で構成される。

今回インドは5基購入するので、合計160発のミサイルを購入することになる。

 

コメント

中国もロシア製「S-400」地対空ミサイルを購入する契約を締結しており、今後、航空機が中国、インドに接近しにくくなる。

また、アメリカによるロシアの経済制裁の抜け穴になる可能性もあり、アメリカの立場が微妙になる。

 



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!