韓国 4000トン級原子力潜水艦3隻建造へ (SLBM 潜水艦発射弾道ミサイル)を搭載、VSL10基

韓国防衛事業庁は、次期潜水艦「島山安昌浩級(張保皐Ⅲ)バッチⅢ」を原子力潜水艦とする計画を進めている。

水上排水量4,000トン、水中排水量5,000トンの原子力潜水艦で、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射するVLSを10基搭載する計画。

島山安昌浩級の1番艦は2021年8月に就役したが、この「島山安昌浩級(張保皐Ⅲ)」の「7番艦~9番艦(バッチⅢ)」の3隻が原子力潜水艦となる。

当ブログの予想では、原潜の建造起工は2025年以降で、就役は2030年以降になると思われる。

原潜の分類としては、攻撃型原潜(SSN)ではなく、戦略型原潜(SSBN)となる。

韓国はすでに、潜水艦「島山安昌浩級(張保皐ⅢバッチⅠ)」の一番艦「島山安昌浩」にVLS6基とSLBMを搭載している。このSLBMは韓国陸軍の短距離弾道ミサイル(SRBM)「玄武2B(最大射程距離500km)」を改修したもの。

今後、建造される「島山安昌浩級(張保皐ⅢバッチⅢ)」には、玄武2Bよりも大きく、重く、射程距離が長い「玄武4(最大射程距離800km)」を潜水艦発射ミサイルに改修するとみられ、VLSも10基に増加させる。

島山安昌浩級潜水艦の仕様

艦種 島山安昌浩級潜水艦バッチⅠ 島山安昌浩級潜水艦バッチⅡ 島山安昌浩級潜水艦バッチⅢ
動力 通常動力 通常動力 原子力
AIP 燃料電池 リチウムイオン電池
全長 83.5m 93.5m 100m超か?
全幅 9.6m 9.6m
水上排水量 3,358トン 3,700トン 4,000トン
水中排水量 3,705トン 4,100トン 5,000トン
水中最大速力 20ノット(時速37km)
乗員 50名
魚雷発射管 8門 8門 8門
VSL 6基 10基 10基
SLBM射程 500km 800km
船体形状 ティアドロップ型
ラダー X型ラダー
就役 2021年8月13日
建造数 3隻(1番艦~3番艦) 3隻(4番艦~6番艦) 3隻(7番艦~9番艦)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました