NEWS24-WEB

個人ブロガーによる国際・防衛問題分析ブログ

ネット情報

沖縄タイムス・琉球新報がFM番組を「放送法抵触の可能性」と報道

2017/11/19

沖縄の左翼運動家と一体化した沖縄の左翼新聞「沖縄タイムス」と「琉球新報」の2紙が沖縄市の小さなコミュティーFM番組を「放送法抵触の可能性」と紙面で書きたてている。

このFM番組はコミュニティーFM「オキラジ」の「沖縄防衛情報局」という番組だ。

この番組はYOUTUBEでも見ることができる。

沖縄タイムスや琉球新報が書いていることが、正しいのかどうか確認できる。

沖縄タイムスは、執拗にこのFM番組を批判しており、さらに読者投稿もこのFM番組を批判するものを掲載している。

新聞社の意向に沿った「読者投稿」を掲載するのは左翼新聞の常套手段だ。

沖縄タイムがFM番組批判記事を掲載したのは2017年9月だが、1ヵ月経過した10月現在、沖縄2紙以外で、このような批判をする者もいないし公的機関が動いたこともない。

 

沖縄タイムスは15万部発行、年間売上高88億円、社員数約250人。

一方の「沖縄防衛情報局」はキャスター3人で番組を作っている。

言論の自由といのは国民1人1人が勇気を出して守っていかなければいけない。そうでないと中国のような「言論の自由」のない国になってしまう。

実際、日本だって「北朝鮮が日本人を拉致した」という証言をテレビは何十年も無視してきたし、左翼系コンメンテイターは「拉致事件」を否定し続けてた。

このブログに書くことで1人でも売上88億円の「沖縄タイムス」とたった3人で戦う人たちがいることを知ってもらえたらいいと思う。

 

「告訴するぞ」は脅迫罪が成立することがある

「お前の不正を告発するぞ」と言った場合、真実の追究が目的ではなく、単に畏怖させる目的であれば脅迫罪は成立する(大判大正3年12月1日刑録20輯2303頁)



-ネット情報

error: Content is protected !!