【投票直前9月25日現在】2018年沖縄県知事選はどうなるか?

2018年9月30日、沖縄県知事選の投票日となるが、果たしてどうなるのか?

 

2014年の沖縄県知事選挙から当ブログで予想してみた。

2014得票数公明票(2014)公明票(2018)2018年得票予想
翁長氏(左翼)360,820-64,00032,000328,820
仲井眞氏(保守)261,076-16,00048,000362,523
下地氏(保守)69,447
合計80,00080,000

 

前提条件

  • 2014年の下地氏の票が2018年の保守系候補に100%流れる
  • 2018年では公明党の基礎票80,000票のうち、6割が保守系候補に流れる

 

コメント

2014年の沖縄知事選では、翁長氏が仲井眞氏に10万票の差をつけたと言われるが、保守票は下地氏にも流れている。

したがって、左翼(360,820票):保守(330,523票)となる。

左翼票のうち、公明党票の約64,000票が流れたとされる。

2018年選挙では、公明票の6割が保守系候補に流れれば、保守系候補が勝つ計算になる。

那覇市の公明票は、かなり左翼候補に流れる可能性があり余談を許さない。

結局、公明票次第で当選者が決定する構造になる。

どちらが勝つにしても2万票~3万票の接戦と思われる。

error:Content is protected !!