国際情勢・防衛

IS(イスラミックステート)は、なぜ勢力拡大したのか?

IS(イスラミックステート) IS(イスラミックステート)は単なる武装勢力以上の規模に急速に拡大した。なぜなのか? オバマ政権の消極的態度 アメリカ国内ではアメリカ兵の人的損失が多く地上軍派遣に反対意見が多い。 オバマ大統領は、その反対票...
国際情勢・防衛

イランとサウジアラビアの対立は単なる宗教対立だけではない

イランとサウジアラビアの対立が激しくなっている。 一般にはイランはシーア派、サウジアラビアはスンニ派だから仲が悪い程度の認識しかない。 それだけでは、イランとサウジアラビアの対立を十分に説明できていない。 シーア派とは? イスラム教でも少...
国際情勢・防衛

米中対立が激化、日韓慰安婦合意、日本の潜水艦輸出の背景

2015年12月28日、日韓は慰安婦問題で基本合意した。 唐突な感じのする日韓の合意の裏になにがあったのか?そこには米国の対中戦略が見え隠れする。 2015年9月、中国習近平 オバマ会談で決裂 中国の習近平主席は2015年9月に米国を訪...
国際情勢・防衛

北朝鮮、核実験 小型化で弾道ミサイル、SLBMに搭載を計画か?

北朝鮮の核実験 2016年1月6日に北朝鮮が核(水爆)実験を行ったとされる。爆発の威力は広島型原子爆弾の半分程度とされる。北朝鮮は2013年2月に核実験を行っている。 水爆と原子爆弾の違い 原子爆弾は核分裂、水爆は核融合反応を使う。ただ...
国際情勢・防衛

トランプ政権、米中協調の可能性がある

2016年12月2日、トランプ次期大統領は台湾の祭英文総統と電話会談した。これに対して、中国は「一つの中国の原則」に反すると反発し、中国海軍「遼寧」空母艦隊を西太平洋に初めて出航させた。 果たして2017年、米中対立はどうなるのか? なぜ...
国際情勢・防衛

なぜ中国は反日なのか?それは1980年代のある事件が原因だった。

なぜ中国は反日国家なのか? 日本の尖閣列島に連日のように領海侵入する中国。日本人は、これ程までに中国が反日国家なのか理解できない。 しかし、中国の反日政策が始まったのは1980年代からで、1945年~1970年代の日中関係は比較...
国際情勢・防衛

2016年9月、OPEC原油減産合意、原油価格の今後の見通しは?

原油価格の最近の動き 2016/9/28 石油輸出国機構(OPEC)は、8年ぶりに減産合意した。加盟14か国の原油生産量の合計を日量3,250万バレル~3,300万バレルに制限する。 長らく経済制裁を受け原油輸出でき...
国際情勢・防衛

トルコ軍、ロシア機を撃墜

国際紛争 トルコ軍は2015年11月24日にトルコ軍F-16がロシアの戦闘爆撃機SU-24を撃墜したと発表した。 ロシア軍SU-24とは? SU-24は全長24.6m、全幅17.6m、2座の可変翼機で、低速でも安定...
国際情勢・防衛

海自「そうりゅう型」潜水艦の豪輸出はアメリカの罠か?

オーストラリアの潜水艦導入計画 海自の「そうりゅう型」潜水艦をオーストラリアに輸出する動きがある。果たして日本独自の潜水艦技術が流出しないか? 現在オーストラリアはコリンズ級潜水艦(排水量3,300トン)を運用している。 ...
経済・統計

黒田日銀総裁は、なぜ金融緩和をしないのか?

日本のGDPは2四半期連続マイナス成長と不調、景気対策のために、日銀による金融緩和が期待されているが、今のところその気配すらない。なぜなのか? 日本のGDPは2四半期連続マイナス成長 日本の2015年7~9月期の国内総生...
国際情勢・防衛

中国の「新常態」(ニューノーマル)の壮大な未来とは?

中国政府の言う「新常態」(ニューノーマル)とは、生産から消費経済に移行し、中速度成長を維持するという経済成長モデルのこと。 しかし、中国は人件費高騰から生産コストが上昇し、輸出競争力を失いつつある。その輸出が不調なら、内需拡大なんて無...
経済・統計

日本株は再びバブルになるのか? 日経平均は3万円を超えるか?

2015年8月からの中国経済減速懸念で世界的に株価が下落した。 しかし、2015年の年末にかけ、日経平均は20,000円をうかがう展開になっている。 郵政3社の上場がバブルのきっかけになった1987年のNTTの上場と重なるとして...
スポンサーリンク
error:Content is protected !!