栃木県が一人当たり雇用者報酬で神奈川に肉薄

雇用者報酬とは企業や国・自治体が従業員、公務員に支払う報酬(賃金)のこと。また企業(国など)が負担する社会保険料も含まれる。

内閣府 平成24年(2012年)一人当たり雇用者報酬(単位1,000円)

1東京都6,331
2大阪府5,264
3神奈川県4,999
4栃木県4,975
5千葉県4,743
6奈良県4,725
7埼玉県4,674
8高知県4,596
9長野県4,569
10兵庫県4,566
11愛知県4,550

栃木県躍進の理由

自動車産業が集積し、それにより栃木県の給料水準が上昇し全国4位となっている。同じ自動車産業が発展している愛知県は、全国11位だが、これは愛知県は自動車産業と言っても下請け、孫請け工場が多いことが理由だ。

栃木県は大手企業の工場が多い。愛知県は大手企業の工場もあるが、それ以上に下請け、孫請け工場が多く、その分、一人当たり雇用者報酬が低くなっている。

自動車工場で働くのであれば愛知県よりも栃木県の方が賃金水準、待遇がいい可能性が高い。

error:Content is protected !!