イギリス海軍空母「クイーン・エリザベス」にF-35Bが初めて発着艦【2018年9月】

2018年9月25日、イギリス海軍の新型空母「クイーン・エリザベス(Queen Elizabeth)」(2017年就航)にF-35Bが初めて着艦・発艦した。

アメリカ東部の米国海軍基地を離陸したF-35Bは大西洋上でイギリス海軍(ロイヤル・ネイビー)の最新鋭空母「クイーン・エリザベス(Queen Elizabeth)」に着艦した。

今回着艦したF-35Bは米海兵隊所属と見られ、イギリス軍パイロットが操縦した。

 

空母クイーン・エリザベスの発艦は、カタパルト方式ではなくスキー・ジャンプ甲板からを発艦する。

F-35Bは垂直離陸可能だが、兵器を装備すると機体重量が重くなるので、短距離離陸すると見られる。

スポンサーリンク


クイーン・エリザベス(Queen Elizabeth)の性能
クィーン・エリザベス級空母インヴィジブル級空母ロナルド・レーガン空母いずも級護衛艦
所属国イギリスイギリスアメリカ日本
満水排水量67,700トン20,500トン101,400トン27,000トン
基準排水量45,000トン16,000トン19,500トン
全長284m210m333m248m
全幅38.8m36m76.8m38m
吃水9.9m8m11.3m7.3m
艦載機F-35B(30機)9機90機
艦載ヘリ10機12機最大14機

 

艦載機F-35B

空母「クイーン・エリザベス(Queen Elizabeth)」の艦載機はF-35Bで、30機ずつ搭載される予定だが、2018年10月現在、F-35B戦闘機の調達が間に合っていない。

F-35Bが予定の配備数に達するのは2020年以降になりそうだ。

それまでは、暫定的にF-35B戦闘機12機とEH101ヘリ14機で運用する案がある。

また、アメリカ軍海兵隊のF-35B戦闘機を搭載し、共同運用する構想もある。その場合、岩国基地の米海兵隊のF-35Bも候補になる。

英国が購入するF-35戦闘機138機のうち約60機は海軍で使うことになる。

 

同型艦

同型艦「プリンス・オブ・ウエルス(Prince of Wales)」は、2020年に就役する予定。

 

なぜ、イギリスは空母を建造したのか?

現在建造中のイギリス海軍空母「クイーン・エリザベス級」の満水排水量は65,000トン~70,000トンで、イギリス海軍史上、最大の艦艇だ。

インヴィジブル級空母が2014年に退役したことで、後継空母が必要だった。

しかし、インヴィジブル級空母は満水排水量20,500トンだが、クイーン・エリザベス級空母は満水排水量67,700トンを3倍以上の大きさになっている。

インヴィジブル級空母は短距離離陸垂直離機(STVOL機)ハリアー戦闘機を搭載していたが、クイーン・エリザベス級空母を建造する段階では、ハリアー戦闘機の退役が決まっていた。

このため、短距離離陸垂直離機(STVOL機)の調達の見通しがたっていなかったため、通常の艦載機の搭載を前提に、大型空母の建造を決定したものと思われる。

実際、クイーン・エリザベス級空母は当初、F-35C型(艦載機型)を予定していたが、開発が遅れており、F-35B型に変更されたことからも分かる。

 

湾岸戦争、イラク戦争の教訓

イギリスは湾岸戦争、イラク戦争に参加したが、イギリス戦闘機を発着させる空港の確保が難航した。このため、空母が必要という考えになった。

J Ships (ジェイ・シップス) 2016年8月号

error:Content is protected !!