国際情勢・防衛

ロシア、「ヤマルLNG」プロジェクト始動、LNG輸出開始

「ヤマルLNG」プロジェクトとは、ロシア北部のヤマル半島で、天然ガスを採掘し、液化天然ガス(LNG)を生産し、欧州、アジア諸国に輸出する開発計画で、2017年12月に輸出が開始された。

LNG(液化天然ガス)の輸送は北極圏を砕氷船型タンカーで行う。

投資額は270億ドル(約3兆円)の世界最大級のLNG(液化天然ガス)開発と言われる。
スポンサーリンク


生産量

年間生産量は約1,650万トンで、「サハリン2」の1.5倍の規模になる予定。

北極圏航路

ヤマル半島はロシア北部にあり、永久凍土地帯が広がり、冬季の平均気温は-20℃という自然環境の厳しいところ。

夏季には気温が12℃まで上昇し、永久凍土が一部溶けて、沼地になる。

また、輸送も北極圏を航行する必要がある。そのために、砕氷船型タンカーを新造し欧州とアジア諸国に輸出する。

アジアへは、ウラジオストクにLNG受け入れ基地を作り、そこからアジア各国に輸送する方針。

 

商船三井

商船三井は「ヤマルLNG」プロジェクト向けにLNG船4隻の長期貸船契約を締結している。

LNG船4隻の概要

船型  174,000立米( メンブレン型)

竣工予定:2019~2020年



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!