国際情勢・防衛

トランプ大統領が中国に与えた100日の猶予期限が過ぎ、緊迫化

2017年4月の米中首脳会談

2017年4月6日~7日に米国トランプ大統領と中国の習近平主席はアメリカ・フロリダ州で米中首脳会談を実施した。

このとき、アメリカは中国に100日の猶予期間を与えたとされる。

米国が北朝鮮に対して具体的な行動をとるまでの猶予期間として「100日間」を求めていたことがわかった。

引用 http://www.asahi.com/articles/ASK5J5H8VK5JUTFK00S.html

つまり、「2017年4月初旬から、100日間で中国が北朝鮮を説得し、核・ミサイルの開発を中止させれば、アメリカは北朝鮮を攻撃しない」ということだ。

「米中間の貿易不均衡問題」についても、100日計画で合意したが、それ同時に「北朝鮮問題」も100日計画で合意されていた。

 

いつが100日の期限なのか?

米中首脳会談は2017年4月6日~7日行われたので、その100日後の期限は2017年7月16日になる。

出典 防衛省

 

まとめ

2017年7月16日に猶予期限が過ぎてから、アメリカ、北朝鮮ともに軍事的緊張が高まっている。

2017年8月上旬でも北朝鮮の核・ミサイル問題は解決していない。

アメリカからみれば、これ以上中国に北朝鮮問題を解決させる猶予を与えることはないだろう。



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!