国内政治

今度の総選挙は、日本人の命の選挙になる【2017】

2017/11/20

北朝鮮情勢が緊迫化しており、2017年11月後半にも、アメリカと北朝鮮の戦争が始まる可能性がある。

自衛隊や安保法制に反対する党に票を入れた場合、北朝鮮での戦争勃発すると日本は有効な防衛をできずに、日本人が数百万人単位で亡くなってしまう可能性がある。

 

沖縄県辺野古の法律戦

実際、沖縄県の辺野古沖滑走路建設では、左翼の支援を受けた政治家が工事差し止め訴訟を連発している。

 

原発稼働停止訴訟

実際に裁判では原発の稼働停止命令がでている。

 

迎撃ミサイル使用禁止訴訟の可能性

自衛隊の迎撃ミサイル「SM-3」や「PAC-3」の使用禁止訴訟を起こされる可能性がある。

裁判で迎撃ミサイルの使用禁止命令が出る可能性がある。

 

迎撃ミサイル使用禁止法案の可能性

左翼政党が選挙で一定の議席を持つと、国会で自衛隊の迎撃ミサイルの使用禁止法案が提出される可能性もある。

 

もし、自衛隊の迎撃ミサイルが使用禁止になると

北朝鮮が核ミサイルを日本に発射した時、自衛隊の迎撃ミサイルが左翼政党の使用禁止運動で稼働できないなら、数百万人の都民はなんの抵抗もでず死亡することになる。

自衛隊が違憲、安保法制反対という政党に投票すると、最悪、日本人数百万人が無抵抗にまま死亡することになる。



-国内政治

error: Content is protected !!