防衛省、護衛艦最大規模の2万トン級「イージス艦」2隻建造へ 2027年度、2028年度就役予定

防衛省、配備を断念した陸上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策としてイージス・システム搭載艦2隻を建造する方針で、2024年度に建造を開始し、2027年度と2028年度に就役する予定。

新型「イージス艦」の規模は、全長210m、全幅40m、基準排水量2万トンで、海上自衛隊で最大の護衛艦「いずも」の1万9950トン規模と並び、最大級の艦船となる見通しで、建造費は1隻あたり2,400億円~2,500億円と予想される。

但し、省力化により、乗員は110人になる予定。

陸上配備型「イージス・アショア」で使用する予定だった米ロッキード・マーティン社製の大型レーダー「SPY7」を搭載するため、船体が巨大になった。

弾道ミサイル迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」、巡航ミサイルを迎撃するSM6を搭載。

さらに、12式地対艦誘導弾(ミサイル)を長射程化し、艦船発射型に改良した「新型12式艦対地誘導弾」や超音速ミサイルも搭載する計画がある。

2万トン級「イージス艦」主要諸元

基準排水量 20,000t
主要寸法 全長210m、全幅50m
イージスシステム SPY7
主要兵装 弾道ミサイル迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」

巡航ミサイルを迎撃する「SM6」

新型12式艦対地誘導弾(射程1000km)

超音速ミサイル(計画)

乗員 110名
建造費 2,400億円~2,500億円(1隻あたり)
建造隻数 2隻
建造開始予定 2024年度
就役予定 2027年度1隻

2028年度1隻

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました