NEWS24-WEB

個人ブロガーによる国際・防衛問題分析ブログ

国際情勢・防衛

警察庁 不審船対策で沿岸に監視カメラ設置

警視庁は、不審船を検知する陸上の監視カメラを設置する。

この監視カメラは、航行する船舶の動きを撮影し、漁船や観光船の動きを記憶した「監視システム」が自動分析し、不審な動きをする「不審船」を発見すると警報を発する。

この監視カメラシステムは24時間体制で稼働し、警報は海保にも連絡される。

すでに海保は人口衛星を使った監視システムを運用しており、今回の陸上の監視カメラ設置により、衛星と陸上から「不審船」を監視することになる。

 

引用 讀賣新聞



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!