国内政治 国際情勢・防衛

立憲枝野氏、日米安保をどうするのか?説明責任を果たすべき

2018/05/21

(枝野氏)我々が政権を取ったら(米軍基地を)「やめます」と明言したいですけど、言えません。なぜなら、これはアメリカ政府の関わる話ですから。

引用 アサ芸 https://www.asagei.com/excerpt/103534

スポンサーリンク


枝野氏は、立憲民主党が政権を取った場合、米軍基地、日米安保をどうするのか?説明責任があるのではないか?

そもそも、日米安保条約は、日本政府がアメリカに「終了を通告」するだけで1年後に終了する。

外務省HPから引用すると

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

第十条 (中略)いずれの締約国も、他方の締約国に対しこの条約を終了させる意思を通告することができ、その場合には、この条約は、そのような通告が行なわれた後一年で終了する。

したがって、枝野氏の言う「アメリカ政府」は関係ない。日本政府が一方的に「終了を通告」すればいいだけだ。

 

枝野幸男元官房長官は(中略)、自身の公式ツイッターに、辺野古新基地建設について「白紙撤回も含め県民の理解を得られる道を目指す」と投稿した。

引用 沖縄タイムス http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/133546

枝野氏は辺野古基地滑走路増設に反対しているようだ。

それならば、「立憲民主党が政権を取ったら、日米安保条約を破棄する」と言えばいいのではないか?

日米安保は維持するが、辺野古基地滑走路増設だけは反対では虫が良すぎるのではないか?



-国内政治, 国際情勢・防衛

error: Content is protected !!