NEWS24-WEB

個人ブロガーによる国際・防衛問題分析ブログ

国際情勢・防衛

韓国空軍F-15Kから射程500kmの空対地ミサイル「タウルス」発射

2017/12/06

韓国空軍は2017年9月12日、朝鮮半島西の黄海上空で、北朝鮮の核施設への爆撃訓練として、F-15K戦闘機から空対地巡航ミサイル「タウルス」を発射した。

タウルスは400km飛行しGPSで誘導され目標に命中した。

スポンサーリンク


タウルス(Taurus)の概要

  • ドイツ製  「TAURUS 350K」の韓国版「TAURUS KEPD 350K」
  • 射程は500km
  • GPS誘導、映像基板航法、地形参照航法で目標物の半径3m以内に命中する
  • 全長5.1m(翼幅2m)
  • 重量1,400kg
  • 弾頭重量480kg
  • ターボファンエンジン
  • 高度40mでマッハ0.95
  • ステルス性を持つ
  • 遅延信管を装備しており、地中の施設も破壊できる
  • 目標の手前で高度3,000mまで急上昇し、垂直に目標物に落下する
  • 3mの鉄筋コンクリートを貫通する威力を持つ
  • 別の情報では6m~8mのコンクリートを貫通するという

韓国軍は2016年11月から配備を始め、2017年9月現在で数十発を配備している。最終的に177発と追加配備90発の合計267発を調達する予定。

タウルスの中距離版350K-2は、KF-16、FA-50から発射可能という。



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!