NEWS24-WEB

個人ブロガーによる国際・防衛問題分析ブログ

国際情勢・防衛

フランスとドイツ、新型戦闘機を共同開発へ

2018/07/11

2017年7月13日、フランス・マクロン大統領とドイツ・メルケル首相は仏独両国で新型戦闘機を開発することに合意した。

具体的な開発計画は2018年半ばまでに決定する。

イギリスのEU離脱の影響で安全保障面でも、イギリスを除いたフランスとドイツでの協力関係が強化されることになった。

スポンサーリンク


フランス・マクロン大統領の発言(2017年7月13日)

「革命的な取り組みだが、時間をかけ計画的に実施すれば何も恐れることはない」

 

ドイツ・メルケル首相の発言(2017年7月13日)

「防衛装備開発でドイツとフランスが合意したことはヨーロッパを前進させる」

 

フランスのマクロン大統領は「革命的な取り組み」と表現していることから、第5世代ステルス戦闘機を開発する可能性がある。

 

欧州各国開発の戦闘機

機種 開発国 初飛行 運用開始 生産数
ユーロファイター イギリス、ドイツ、イタリア 1994年 2003年~現役 355機
 ラファール フランス 1986年 2000年~現役 133機
 グリペン スウェーデン 1988年 1996年~現役 247機

 

まとめ

イギリスのEU離脱を受け、ドイツとフランスの協力関係がより緊密になってきている。

今回、フランスとドイツが新型戦闘機の開発に合意したことから、イギリスは次世代戦闘機の開発パートナーに米国、あるいは日本を選択する可能性が高くなった。

実際、イギリスの開発した空対空ミサイル「ミーティアmeteor」に日本の三菱電機製シーカーを搭載し、日英共同開発により、世界最強の次世代空対空ミサイルを開発し、日本も保有する計画のF-35ステルス戦闘機に搭載する計画がある。

日本の次世代主力戦闘機F-3についても日英共同開発の可能性もでてきた。

技術的には日本単独でF-3を開発できる。しかし、開発費は最大4兆円と言われ、日本単独で開発したのでは1機当たり400億円になる可能性がある。

これでは、コストが高くなりすぎるし、世界販売するについても日英共同開発の方がイギリスの外交力を利用できるので都合がいい。



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!