NEWS24-WEB

個人ブロガーによる国際・防衛問題分析ブログ

国内政治

日本政府、辺野古基地への土砂投入延期(2018年8月17日予定だった)

日本政府は、2018年8月17日に予定していた「辺野古基地」への土砂投入を2018年9月30日の沖縄知事の後に延期すると見られる。

この結果、辺野古基地への土砂投入は9月30日の選挙で選ばれた新しい沖縄県知事が判断することになる。

スポンサーリンク


コメント

日本政府は、責任を沖縄県民に押し付けているいるのではないか?

日本政府は普天間飛行場の辺野古基地移設を決定しているのに、知事選に影響がありそうだからと「辺野古への土砂投入」を延期しようとしている。

馬鹿げた判断だ。

 

辺野古移設に向けて努力してる現場の警察官、作業員を無視して、日本政府は敵前逃亡しようとしている。

 

これでは、辺野古反対派を勢い付けるだけだ。

日本人は「自分が一歩引けば、相手も一歩引く」と考える。

しかし、中国人は「相手が一歩引けば、自分は一歩前に踏み込む」と考える。

これでは、中国が大喜びするだけだ。

 

日本政府の責任回避に沖縄県人も飽きれるだろう。司令官が敵前逃亡したのでは、現場の歩兵は戦場に取り残されて途方に暮れるだけ。逆に敵側に入ってしまうかもしれない。

これで、左翼系沖縄県知事候補の当選の確率が高くなった。

日本政府は大きな過ちをした。



-国内政治

error: Content is protected !!