インド海軍、国産アリハント級原子力潜水艦、2番艦進水か

インド海軍は2009年7月、インド初の国産原子力潜水艦「アリハント(Arihant)」を進水させ、2013年8月に原子炉が臨界に達した。

2016年2月に試験航行に成功したとされる。

このアリハント級原子潜水艦の2番艦「アリガント」が、2017年9月~10月にも進水するとされる。

さらに3番艦も建造中で最終的にアリハント級原子力潜水艦は4隻建造される予定。

将来的には核弾頭搭載SLBM(射程3,500km)を開発・搭載するとされる。

インド初の国産原子力潜水艦「INSアリハント」が、(2017年)昨年2月に浸水事故を起こして沈没寸前になって以降、現在まで1年近く航行不能になっていることがわかった。

引用 News week  https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9292.php

スポンサーリンク


アリハント級原子潜水艦の推定スペック

水中排水量6,000トン
全長112m
全幅15m
機関加圧水型原子炉 80メガワット
主機原子力蒸気タービン
出力2万7000馬力
水中速度24ノット(時速44km)
潜航深度300m
乗員95人
魚雷6門(533mm)
VSL発射筒4基/SLBM(K-15 射程700km)12基
建造費29億ドル(約3,000億円)

 

インド海軍の潜水艦

型名動力就役数就役予定数
アリハント級原子力1隻1隻正式に就役したかは不明
アクラⅡ級原子力1隻1隻ロシアからリース
スコルペヌ型ディーゼル0隻6隻フランスとスペイン共同開発
シシュマール級ディーゼル4隻0隻ドイツ209型潜水艦
シンドゥゴーシュ級ディーゼル9隻0隻ロシア海軍キロ級潜水艦
合計15隻8隻

 

アクラⅡ級原子力潜水艦

インド海軍は2012年4月、ロシアからアクラⅡ級原子力潜水艦(チャクラⅡ)を10年間リース契約し配備している。

2隻目のアクラⅡ級原子力潜水艦もリース契約し合計2隻となる予定。

  • 排水量   8,140トン
  • 速度    30ノット
  • 最大潜航深度 600m
  • 潜航持続時間 100日
  • 全長     110m
  • 全幅     14m
  • 乗員     73人

 

スコルペヌ型潜水艦

フランスとスペインの共同開発の通常型潜水艦で、インド海軍は合計6隻導入予定で早ければ2017年にも1番艦が就航する。

 

次世代通常型潜水艦6隻

インド海軍は次世代ディーゼル推進の潜水艦6隻を導入する予定で、日本の「そうりゅう型潜水艦」が有力とされる。

 

世界の原子力潜水艦保有国

国名潜水艦名
アメリカオハイオ級戦略原潜、バージニア級攻撃型原潜
ロシアデルリフィン級(デルタ4)、アクラ級(タイフーン)、ボレイ級
イギリスヴァンガード級
フランスル・トリオンファン級
中国094型晋級
インドアリハント級
error:Content is protected !!