インド海軍、通常型潜水艦「カルヴァリ」(Kalvari)就役

2017年12月、インド海軍はフランスとスペインが開発・設計したスコルペル級通常型潜水艦カルヴァリ(KALVARI)を就役させた。

インド海軍にとって20年ぶりにインド国内で建造された通常型潜水艦となる。

2012年~2017年の15年間にインド海軍が就役させた潜水艦は「原子力潜水艦2隻」と「通常型潜水艦1隻(今回のカルヴァリ)」の3隻となる。

この間、中国海軍は54隻の潜水艦を就航しているという。

 

インド海軍 通常型潜水艦

建造就役期間就役数建造予定数合計
スコルペル級2005年~現役1隻5隻6隻
シンュマール級1986年~現役4隻0隻4隻
シンドゥゴーシュ級1986年~現役9隻0隻9隻
合計14隻5隻19隻

インド海軍のスコルペル級潜水艦「カルヴァリ」(KALVARI)は2017年12月に就役し、2番艦の「カンデリ」(KHANDERI)は現在、試験航行中で、2018年3月に就役する予定となっている。

今後4隻のスコルペル級潜水艦を建造予定で、最終的にスコルペル級潜水艦は合計で6隻(30億ドル 3,300億円)となる。

 

スコルペル級潜水艦の概要

開発国フランス、スペイン
就役期間2005年~現役
水中排水量1,070トン~1,668トン
全長60.3m~76.2m
全幅6.2m
吃水5.8m
水中速度20ノット以上
水上速度12ノット
連続行動期間50日~71日
航続距離6,400海里(浮上)、550海里(潜航)
潜航深度350m
乗員32名

 

インド海軍原子力潜水艦

2隻

次期通常型潜水艦の6隻導入計画があり、日本の「そうりゅう型潜水艦」も候補の一つになている。

error:Content is protected !!