【2018年】世界スマホシェアと出荷台数 1位はサムスン?アップル?

2018年世界スマホシェアと出荷台数

順位メーカー国名市場シェア台数
1位サムスン韓国20.8%2億9230万台
2位アップルアメリカ14.9%2億880万台
3位ファーウェイ(為華)中国14.7%2億600万台
4位シャオミ(小米)中国8.7%1億4019万台
5位オッポ(OPPP)中国8.1%1億1379万台
その他32.9%4億6221万台
合計100%14億490万台

2018年のスマホ販売シェア1位はサムスン(韓国)だった。

2位は、アップルだが中国市場でのシェアを落としているようだ。

3位~5位は中国メーカーがランクインしているが、米中貿易摩擦の影響でアメリカでの販売が減少する可能性がある。

日本メーカーでは、ソニーが世界で650万台販売し、シャープは日本国内で200万台以上販売した。

日本国内では、シャープの販売台数の方がソニーよりも多かったと推定される。

error:Content is protected !!