北朝鮮の核爆弾150キロトンが東京で爆発したら500万人死亡か?

北朝鮮は2017年9月3日に核実験を実施した。その威力は広島型原爆の15キロトンの10倍の150キロトンと推定される。

もし、北朝鮮の150キロトンの核爆弾が東京都心で爆発したらどうなるか?

スポンサーリンク


北朝鮮の150キロトンの核爆弾の威力

150キロトンの爆発力は広島型原爆(15キロトン)10倍だが、爆発のエネルギーは3次元的に広がる。

したがって、半径では広島型原爆の約2.2倍、面積では約3.2倍となる。

  • 半径1.5km 致死率100%、コンクリートの建物が完全に崩壊
  • 半径3.0km 致死率90%、ほとんどの建物が崩壊
  • 半径5.8km 重症の火傷(Ⅲ度以上)で、全身の皮膚がケロイド状態になる

 

東京都心で爆発した場合

秋葉原駅~新宿駅の直線距離は約6.5kmなので、山手線の真ん中で爆発した場合、山手線のほとんどは爆心地から半径3km圏内に入る。

つまり、山手線の中心で水爆が爆発すると山手線内のほとんどの建物は崩壊する。

さらに、山手線の外側2km~3kmの人も重症の火傷(Ⅲ度以上)になり、全身の皮膚がケロイド状になり、数か月以内に多数が死亡する。

 

東京都心区の人口(昼間人口)

平日の昼間には東京都心に周辺から多くの人が通勤・通学する。そこで昼間人口を調べてみた。

東京都心区名夜間人口昼間人口
中央区14万人60万人
千代田区6万人81万人
台東区19万人28万人
文京区21万人35万人
豊島区28万人42万人
新宿区33万人74万人
渋谷区22万人52万人
港区24万人88万人
目黒区27万人30万人
品川区38万人54万人
合計232万人544万人

東京都心区部の夜間人口(居住者)は232万人だが、昼間人口(通勤・通学を含む)は544万人となる。

150キロトンの水爆の威力は山手線の外側2km~3kmの範囲内に及ぶ。その範囲内には、昼間に544万人がいる。

そのうち、24時間以内に300万人が死亡し、半年以内に、合計500万人が死亡すると予想される。

 

コメント

多くの被害想定では最大死者数200万人程度になっている。これは東京都心の人口を232万人(夜間人口)として計算しているからだ。

しかし、平日昼間は、東京都心に多くの人が通勤・通学で集まってくる。

その数は544万人となる。

この544万人から被害想定をすると死者数は500万人となる。

error:Content is protected !!