国際情勢・防衛

沖縄名護市長選、在福岡中国総領事館が「パンダを沖縄に寄贈したい」

(名護市長)選挙が迫ってきた昨年(2017年)11月に沖縄県を管轄する在福岡中国総領事館サイドから、翁長雄志知事の有力後援者に「パンダを沖縄に寄贈したい」と打診があったそうです。

引用 NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20180122_645656.html?PAGE=2

名護市長選は2018年秋に沖縄県知事選の前哨戦と言われ、翁長知事が推す「稲嶺市長」が落選すると、沖縄県知事選に大きな影響を与えると予想されている。

中国はパンダを沖縄に寄贈することで、親中国派の翁長知事、稲嶺市長が選挙で有利になるよう間接的に応援する思惑があったと思われる。



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!