NEWS24-WEB

個人ブロガーによる国際・防衛問題分析ブログ

国内政治

「沖縄の日本復帰運動」と「その後の反日運動」を主導したのは誰か?

沖縄本島の最北端「辺戸岬(へどみさき)」に数年前に行っことがある。

そこには「祖国復帰闘争碑」がある。

米軍統治下の沖縄では、日本に一番近い「辺戸岬」が日本復帰の象徴的場所になっていた。

それだけ、沖縄県民は日本復帰を望んでいた。

しかし、日本に復帰すると、沖縄では反日運動が盛んになっている。

なぜなのか?

スポンサーリンク


仮説 中国陰謀説

アメリカは南ベトナムを支援し、中国は北ベトナムを支援していた。沖縄の米軍基地がベトナム攻撃の拠点となっていた。

中国は、沖縄が日本に復帰すれば、沖縄にある在日米軍基地が縮小されると考えたのではないか?

あるいは、日本国内で反米運動を活発化すれば、沖縄から米軍が撤退すると思っていたかもしれない。

復帰後、沖縄で反日活動が活発になったのも、中国陰謀説なら納得がいく。



-国内政治

error: Content is protected !!