日本版トマホーク、政府が開発の方向で検討(射程距離2000km)

防衛省が2018年から開発する「新対艦誘導弾」(出典 防衛省)

日本版トマホーク(巡航ミサイル)は防衛省が2018年から研究を開始する「対艦ミサイル」(島嶼防衛用)に対地攻撃能力を付加するもの。

この日本版トマホークは、「戦闘機・哨戒機」「護衛艦」「地上車両」から発射できると予想される。

「護衛艦」や「地上車両」から発射する場合はブースターを利用して発射すると予想される。

また、ジェットエンジンを使用し、従来の島嶼防衛用対艦誘導弾計画(射程300km~400km)よりも燃料タンクを拡大し射程2,000kmを目指す。

 

トマホーク(アメリカ製)BGM-109 Tomahawkとの違い

「アメリカ製トマホークミサイル」はステルス化されていないが、「日本版トマホーク」はステルス化し、複雑な動きもできる高機動性を有し、敵の迎撃ミサイルをかわして敵目標に着弾できる。

防衛省が公表しているイラストでは上部に空気の取り入れ口(エアインテーク)があり、ジェットエンジンを使用し、大型翼を採用している。

ステルス性能、弾頭重量、射程距離の点でアメリカ製トマホークを上回る可能性もある。

 

トマホーク(アメリカ)のスペック

全長 5.56m
翼幅 2.67m
速度 880km/h
射程 460km~2,500km
重量 約1,200kg
弾頭 450kg
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました