国際情勢・防衛

トランプ大統領、国連演説「北朝鮮を破壊するしかない」

2017年9月19日、アメリカのトランプ大統領は国連で演説し、「北朝鮮が核・ミサイル開発を続行するなら、北朝鮮を完全に破壊するしかない」と述べた。

さらにトランプ大統領は、「北朝鮮はならず者国家」と非難した。

アメリカが北朝鮮を攻撃するかどうか、流動的だが、2017年9月19日現在、トランプ大統領は本気で北朝鮮を攻撃する可能性が高まった。

北朝鮮を攻撃すると国境から50kmの韓国・ソウルに北朝鮮がロケット砲で反撃すると予想されていた。

9,000発の北朝鮮のロケット砲により、1時間でソウル市民数万人が死亡するとされ、それが、アメリカが北朝鮮を攻撃しない根拠になっていた。

この点もマティス国防長官は「ソウルを危険に晒さない軍事手段がある」と発言している。

イルラエルのアイアン・ドームという迎撃システムを念頭にしているのかもしれない。

アメリカの世論

アメリカが戦争するには、事実上、国民の80%程度の賛成がないとできない。

そのアメリカの世論は北朝鮮攻撃に賛成の比率は30%~50%でまだ攻撃の可能性は低い。

しかし、アメリカ人は「9.11アメリカ同時多発テロ」を記憶しており、北朝鮮の核・ミサイルが中東やアフリカ諸国に流出し、アメリカが再び攻撃されることを恐れている。

今後、アメリカ政府の誘導次第では攻撃賛成派が80%まで上昇する可能性はある。

外交日程

  • 2017年10月18日 中国の共産党大会
  • 2017年11月  トランプ大統領の日本、中国訪問
  • 2018年7月4日 アメリカ独立記念日・パレード

2017年11月にはトランプ大統領の日本、中国が予定されているので、それまでは、アメリカの攻撃はない。

しかし、場合によっては11月後半に、アメリカが北朝鮮を攻撃する可能性が出てきた。

また、2018年7月4日にアメリカ独立記念日・パレードが予定されているので、アメリカ世論の動向次第では、北朝鮮が核・ミサイルを放棄しない限り、2018年春頃までにアメリカは北朝鮮を攻撃する可能性がある。



-国際情勢・防衛

error: Content is protected !!