国際情勢・防衛

国際情勢・防衛

米機関報告書(CSBA)「中国海軍、戦闘能力で海上自衛隊より大幅に優位」の意味

2020年5月、米国研究機関が「中国海軍が日本の海上自衛隊に対して戦闘能力で大幅に優位に立った」との報告書を公表した。 その報告書とは、ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」(CSBA)の上級研究員で中国海洋戦略研究の権...
国際情勢・防衛

そうりゅう型潜水艦の潜航深度と性能(12番艦 とうりゅう2021年3月就役)

「そうりゅう型」潜水艦の潜航深度は? まず、一般的な潜水艦の潜航深度はいくらか? 中国海軍など多くの国が採用しているロシア製「キロ級潜水艦」の潜航深度は通常運用時で水深240m、最深で水深300mとされる。 ...
国際情勢・防衛

【2021年】世界の「海軍力」ランキング 日本は4位、1位アメリカ、2位ロシア、3位中国

出典 US.NAVY この「世界の海軍力ランキング」は世界各国の通常兵器による海軍総兵力のランキングであって、必ずしもランキング上位国がランキング下位国と戦争して勝つわけではない。 例えば、中国は3位、日本は4位だが、日本周辺海域に...
国際情勢・防衛

中国海軍潜水艦 2021年現在 76隻体制か?【 新型潜水艦51隻+旧型25隻】中国人民解放軍海軍

中国海軍は「新型潜水艦」を建造しており、2021年現在合計76隻(新型51隻+旧型25隻)まで増強したと見られる。 但し、戦略ミサイル原潜(SSBN)7隻、攻撃型原潜8隻、通常動力型潜水艦56隻の合計71隻とする情報もある。 ...
国際情勢・防衛

「F/A-18ブロックⅢスーパーホーネット」米海軍2021年9月受領・自衛隊も導入するメリット大(スクランブル用にF-15Jを補完)

出典 Boeing社 自衛隊は1981年から213機のF-15Jを導入しており、古い機材は機齢40年近くになる。 F-15Jの改修 F-15Jの現在の保有数201機のうち、近代化に適さない前期型(Pre-MSIP機)99機...
コラム

【2019年8月】北朝鮮がミサイル発射した意図、韓国がGSOMIA破棄後

韓国政府は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を2019年8月23日に日本に正式に破棄を通告した。 その翌日24日に北朝鮮は短距離弾道ミサイルを2発発射した。 北朝鮮の意図 韓国のGSOMIA破棄は北朝鮮にとっ...
コラム

【ブロガー予想】韓国・文政権2022年までに米軍撤退、北朝鮮と統一?【5年任期中】

韓国・文在寅政権が、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決めたことで、北朝鮮との「赤化統一」路線に進むのではないかとの懸念が現実味を増している。 引用 コメント 韓国の文在寅大統領は「韓国と北朝鮮との統一」...
コラム

韓国政府 GSOMIA破棄で、在韓米軍撤退か?

2019年8月23日、韓国政府は正式にGSOMIA破棄を日本政府に通告した。 2018年のGSOMIAによる情報交換は7件であったため、GSOMIA破棄の影響は少ないとの見方があるが完全に的外れだ。 ネットワーク化する現...
コラム

GSOMIA破棄 「韓国は中国と接近」「北朝鮮は米国と接近」

2019年8月23日、韓国はGSOMIA(軍事情報保護協定)の破棄を日本政府に通告した。 日本国内では「韓国に不利な決断」と言われるが、それは間違いだ。 韓国は米中対立で「中国側につく」と宣言したに等しく、安全保障上、中国に接近...
コラム

【2019年夏】中国共産党「北戴河会議」で対米強硬路線を確認か?

中国共産党幹部と引退した「長老たち」は毎年夏に、北京郊外の河北省の避暑地に滞在し、今後の政策を決定する「北戴河会議」を開く。 2019年夏の北戴河会議では、対米強硬路線を確認したようだ。 米中対立の原因 そもそも、...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました